夢見ることが出来なくて

29才の頃 自殺した親友の前では私も 今でも29才うつろう時は余りにも早過ぎて着いて行くのが 疲れるのどんどん過密になる社会でひとは どんどん働いて夢見ることが出来なくなって大切なのは家族です と皆 異口同音に言うコミュニティーの最小単位もはや それしか残されていないからそれすら崩れて てんでばらばら一人一人が携帯を持ち、スマホを持ってばらばらのチャンネルでばらばらに暮らしてるまるで無数の孤島がさ...