ネガティブのままでいい

ちち子が教えてくれたこと・その2

愛しきイヌネコ  2

ちち子は異常なまでの怖がりだったちち子を溺愛していた私はまるで 過干渉な母親みたいにこの家の中でも、ちち子の不安材料を先回りして取り除いていた。それが、ちち子にとって 良いこと だと思い込んで。でもそれは、私の自己満足に過ぎなかったんだね。怖いことなんか、いくらでもある。ちち子だって、生きている以上怖い思いをしなければならなかったんだ。私は、怖がりなちち子に自分を投影してた。健康な人は、不安を感じ...

READ MORE