ネガティブのままでいい

全て失ったから得たもの

つくづく思うこと  4

東京大空襲や、戦後の あの焼野原に立って(母から何度も聞かされてもう自分が見たようになっている)「ひと晩で 何にもなくなっちゃった・・・着る物も食べる物も住む家も何も・・・」途方に暮れたと亡き母は よくそう言っていた。東京・本所区(現・墨田区)の母の住む下町から遥か山の手の建物が 見渡せるほど何にもなくなっちゃったのよ、と。だけどここまで何もなくなると いっそ気持ちが良かったわそう言っていたのが、...

READ MORE