ネガティブのままでいい

火葬場にて

愛しきイヌネコ  2

何度 見送っても同じ火葬場の 罐の前棺が罐に 入るとき あの着火音が 聞こえたとき私たちは なんで焼いちゃうの・・・?と 死者が焼かれることを 理不尽にさえ 思うそして 骨になった様を見ると本当に死んじゃったんだ・・・と目を 覚まされたように 死を 認めざるを得ない一連のこの光景は 私の中でいつも リピート再生される「私」が生きている限り死せる者は 「私」の中で生き続けるとわかっていても心から そ...

READ MORE