ネガティブのままでいい

お客さんの前で、涙

神経症  4

通信制大学在学中、居酒屋バイトの頃書いた日記です。常にお客さんに助けられてることを実感できた、貴重な半年間でした。辛かったけどね。かなりきているらしかった、当時の私、戦場のハコビーナ。 もうマジ軍隊と一緒!私は人間扱いされてないし混んでるときはクソ店長の怒鳴りもヒートアップ。私はまるで粗大ゴミ。 しかし、「健康状態ー良好」として働いている以上、「病気だから」は通用しない。いつでもどこでもみんなにバカ...

READ MORE