ネガティブのままでいい

映画「疑惑」ラストの台詞

こないだ松本清張の「疑惑」をドラマでやってて観てみたけど映画「疑惑」をさんざん観てる者としてはこれじゃあ映画「疑惑」とは比較にもならないな、と言うくらいお話にならない代物だった。あれは野村芳太郎監督と、脚本が良かったんだろうけど1982年の映画「疑惑」では桃井かおり扮する悪女・鬼塚球磨子と岩下志麻扮する冷静で有能な弁護士・佐原、この二人の対照的なやり取りが観る者を惹きつけたんだと思う。北陸一の毒婦...

READ MORE