ネガティブのままでいい

明るいほうへ明るいほうへ

見逃していた、金子みすゞのドラマ「明るいほうへ、明るいほうへ」を観た。あくまで実話を基にした「フィクション」だし、キャスティングも今どきはどうしても外見ばかりで厳しいなあ・・とは思った。ただいつもみすゞの詩に触れていて活字でしかその生涯を知らなかった私には「映像」として、初めて彼女の人生の一端を垣間見た気がして、余りに悲しくて、切なくて、胸が痛くて涙が溢れた。むせび泣いた。あの時代大正から昭和にか...

READ MORE