春を呼ぶ力

ひとは毎年、桜が花開くのを楽しみに待つ。寒い冬に堪え、春の訪れを喜ぶ。あらゆる人が桜を歌い、あらゆる人が春を歌う。卒業や、入学や、旅立ちや、新たな出発や、門出を祝って。春の訪れは、桜の花は、ひとの幸せの象徴のように語られる。だから、嫌いだったなあ・・・私は、桜が。毎年、桜を見る度、余計に悲しい気分になるから、出来るだけ足元に咲く、名も無い小さな花ばかり見てた。でも、初めてのこと、じゃないかしら?私...