ネガティブのままでいい

温かいお別れ会

昨日、談志師匠のお別れ会で、ひさびさに上岡龍太郎氏を画面で観た。よほど悲しんでいるだろうと心配していたけれど、随分長いこと癌だった談志師匠だから、もう覚悟していたのだろう。淡々と語ってた。漫画界における手塚治虫、映画界における黒澤明、芸術界における岡本太郎と並んで500年経っても生き続ける天才やと思いますよと談志師匠を評す一方で、あの人もさんざん良い思いしたから、最後はちょっとくらい神さんが苦しませ...

READ MORE