全て終わったあとに

母の末期癌。僅か1ヶ月の余命告知、その壮絶な臨終を一人で看取り、通夜葬儀を出し、全てが終って家に帰ったあと、初めて、どうしよう・・・これから・・・一人で・・・と、自分の足元のおぼつかなさが見えて来た気がして不安で不安でたまらなくなった。何故こんなことに・・・ふた月前まではあんなに元気にしていた母だったのに・・・と、やはり実感はまるでなかった。母とはよく私の神経症の話もしていた。晩年は私もフルで働く...