何のために

生きるのか?いずれそう問われる身になる私が、そんなことを思ってはいかんのかも知れないけど、もうわからなくなっている私がいる。いつの年にも 咲かない桜の木を何度見上げたことだろう。いつの世にも 亡くなって行く人をこの若さで、何人見送ったことだろう。夢かうつつかもわからない夜を幾度過ごしたことだろう。それでも太陽は今朝もまた、私の上に差し込んで来る。頑張れ、私。私の桜は、私の手で咲かせるしかないのだか...