大海へ

どんなに雨に打たれても上手く 泳げなくてもがいて もがいてときに沈んでもそれでもみっともないまま無様なまま泳いで行く「行き先に迷ったらあなたを照らす灯台になる」それだけで十分大海を泳いで行けるはずその言葉を 疑わない晴れの日が来なかったとしてもいいんだよたとえ雨が降り続いたとしてもいいんだよ私の心の目さえ晴れれば怖いと思っていた大海も広くて深い、優しい海になるのだから怖いサメもいるけれど、可愛いク...