ネガティブのままでいい

20世紀から21世紀を生きる

1990年代は、本当にいろんなことがあった。特に、1995年は、阪神淡路大震災、オウム真理教事件と続き、人々は、いよいよ世紀末だと、本当にこの世が終るかのように大騒ぎしていたものだった。戦後50年という節目の年でもあり。宮台真司氏は、ほぼ私と同世代で、当時まだ若い世代と言われ。終わりなき日常を生きろ とか言っており、当時の高い世代の猪瀬さんにあなたそんなこと江戸時代のはっつぁん熊さんだってゆってた...

READ MORE