奇跡の光

夜が明けるのと 一緒にまた 一年が去っていったもう 戻って来ない追いかけてももう 戻って来ない夜が明けるのと 一緒に苦しみも 去ってくれたらどんなにか何度 夜が明けても苦しみだけはいつも ここにそれでも日差しを浴びて無邪気に あそびきらきら光る 白猫に奇跡を見てこの世の全ての人にそして 自然に心から 感謝するぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

「当たり前」という特別な幸せ

昨日、絹を病院に連れて行きました。ちょっと今復活ちうで元気だった絹だけど、家でいつもと違う行動(こういうときは具合悪いときが多いので)を報告。そして親である私の希望として「手術はお金のこともあるし、それだけではなくて術後、精神的にも物理的にもお互いの負担が相当なものになることを考えるとしたくない。私としては、この子の人生が短くなっても、苦痛がなくできるだけ楽に、できるだけ穏やかに過ごさせてやりたい...

その瞳に映る景色は

淀んだ私の瞳では見えない景色をお前はきっと見ているんだねだからお前はどんなに痛くてもくるちくてもそれをそのまま受け容れることができるんだね自然の摂理も季節の風も野生の掟もお前には 見えるんだねその 澄んだ瞳にちゃんと 映っているんだねぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

絹ー今後の治療

今、絹の今後の治療方針として何を、どんな方法を選択したら良いのか、どうしたらこの子が楽になるのか、悩んでいます。この子は腎臓結石、尿管結石です。結石には大きく分けて2種類、ストルバイトと呼ばれる結石と、シュウ酸カルシウムと呼ばれる結石があります。前者は、療法食で溶ける石なので食餌療法だけで、オシッコに出てくれます。後者は、溶けません。残念ながら、絹は後者の結石でした。シュウ酸の治療は、外科的治療ー...

片目の天使・その32

絹片目の天使お前はもう二つもの お病気にかかってしまったんだねおくすりも ふえちゃったね痛くて苦しいときもたくさん あるだろうにお前は不満 というものを持たない真白なお前はただ じっと雪の重みに堪える冬の花お前が 冬の花ならばそっと その枝を摘んで暖かな部屋の花瓶に 生け愛でてやりたいいや お前は春の花なんだだから 寒い寒いよねでもなんとか二人でこの寒い寒い 季節を乗り越えて行こうね絹片目の天使つ...