鬼畜になりそうな夜は(再掲載)

感情の発露  0

辺りが 薄墨色に染まる頃私の頭は 霞がかかり体は 鉛を背負ったように重たいこんな日は腫瘍が 体を蝕むように闇が私の心を 蝕む怒りや不信疑念や欲望を抑えきれず周囲に 撒き散らしてしまいそうで慌てて それらを掻き集めきつく縛って 心に戻す闇に 心を蝕まれると優しい気持ちも穏やかさも どこか遠くへ吹っ飛んでしまう闇に 蝕まれた心にコーヒーを 流し込みタバコの煙を 吸い込んで何とか人間でいようとする 私人...

READ MORE

悲しみの反芻(再掲載)

感情の発露  0

悲しみを 食べるだけでは泣けない私は牛みたいに悲しみを一個一個 反芻しては何度も 食べる何度も咀嚼するいくら 反芻しても悲しみは 涙にならず 胸につかえたままで苦しいこんなに何度も 反芻しているのにね...

READ MORE

苦しみを隠すため(編集)

感情の発露  0

フレアが広がる鮮やかなブルーのワンピースを着るのは苦しみを 隠すためローズピンクの口紅を 引くのは悲しみを 隠すため全ての感情を 封印して今日もまたこの心を しばし止め通勤ラッシュの 人に揉まれる...

READ MORE

雨粒の行方(再掲載)

感情の発露  0

雨粒がひと粒 ふた粒肩に 腕に落ちたそれだけで自暴自棄になるのはなぜ?それだけでこんなにも 悲しくなるのはなぜ?雨粒は どこへ落ちるの?渇ききったわたしの心などまるで 無視して...

READ MORE

悲しき思考停止

感情の発露  0

この頃 ずっと思考停止のまま頭に霞がかかったようで動かない動かない頭のままで朝起きて動かない頭のままで朝の支度をして動かない頭のままで仕事をしている首から下だけが自動的に動いてるきっとどこかで何も考えたくない感じたくないそう思ってるから何かを考えれば苦しいばかりだし何かを感じれば悲しいばかりだから私はいつも 苦しい私はいつも 悲しいそれに堪え切れなくて思考を止めるしか手立てがなくて...

READ MORE