ネガティブのままでいい

白か黒かで割り切れないもの

障害を克服しようとするムダ!のっけから言い切ってくれたのは中邑賢龍(なかむらけんりゅう)氏。彼は、身体障害、知的障害や発達障害などを持つ人に対し広く、ツールとしてテクノロジー活用の有用性を語る@@@@@@@なんて、そんな経歴、私にはどうでもいい。彼の講義を聞いたのは、大学時代。スクーリングのゲスト講師として数年前、新宿のとあるビルでのこと。この二日間、15コマに渡るスクーリングと言うのは、普段の私...

賢龍節炸裂!

昨日の中邑賢龍(なかむらけんりゅう)氏変態ライブ、幕張メッセで行われたのだが、やはりさいこーであった。何か、私の思いが通じた?かの如くやたら変態 変態 を連呼していたケンリュウ~この中で、自分は変態だ と思ってる方いますか?と言うので、待ってました!とばかりにはいっ!と挙手すると、お、一人いましたねえ、変態さん他にいませんかね?いません?とか言いながら、変態さん を探している。そして皆さん、フツー...

フツーの人たち

中邑賢龍氏の変態ライブは、客層によっても違うのね、ノリが。私が在学中に受講したときはまさにライブで爆笑の渦だった。しかし今回は比較的静かだった。初めての受講でビックリしちゃったのか、フツーの方々が多かったのか。いきなり 変態 なんて言われて、とんでもない!ワタシはフツーです!とか思ってしまったのかしら?でも、フツー(と思ってる)の人たちが、どこかで思ってる、自分とは違う「障害をお持ちの方々のニーズ...

いい人やーめたっと!

中邑賢龍。彼の話を聞く度に、考えさせられる。で、今回私、もういい人でいるのやめた!と、彼の話を聞いていて思った。ケンリュウは、凸凹が大事だと言う。突出したものこそ大事なんだと。だけど、日本人は、突出してちゃいけない と、周りへの気配りや空気を読むことが大事だと、凸を平にしてしまうんだ、と言う。私の矛盾は、その辺にあるのかも知れない。私はどこか何か突出してる。にも関わらず、その突出を自ら抑え、常識的...

賢龍名言集

愛なんてどーーーでもいい!気持ちよりモノ!そう言いながら、自分がカウンセリング出身であることを後からきちんとフォローしてる、賢龍。ただ、「わたくしは、このように根気良く、愛を持って利用者と関わり@@@」なんて気持ちの悪い言い方は絶対にしない!ってだけ。テクノロジーと言うモノが、人間同志を繋ぐ、大事なコミュニケーションツールにときになるんだよ、と言ってるだけ。障害種別なんかどーーーでもいい!ケンリュ...