学習性無力のわたし(悲しみ慣れ・その2)

つらいこと苦しいことばかりつづくと学習性無力の犬のようにそこから逃れようとしなくなるそれを解決しなくなるどこへ行っても何を見てもこの苦しみがやわらぐことなどないと思い込んでそしていつもと同じこの狭い部屋の片隅で膝を抱えて次々とやって来る苦しみをそのまま受けつづける苦しみに 耐性がついてしまいもう苦しいのかそうでないかも次第にわからなくなって行く私でもちゃんと持っているはずの苦しみを乗り越える力を手...