ARCHIVE: 2019年10月05日  1/1

遺品(編集)

空虚な音する何枚かのコインしか入っていない 古い財布と春の匂いが 微かに残るセピアになった 昔の写真と不安の時を ひたすら 刻んだ腕時計が私の遺品になるだろう吸いかけの煙草が私の人生を 物語るようにそのまま灰になって残るだろう段ボール1箱に十分 納まるだけの人生それでもこの世に何の悔いも 未練もない弔いではなく お祝いを合掌ではなく乾杯をもしも たむけてくれる人がいるのなら菊の花ではなくカラーの花...

  • 0
  • 0