ARCHIVE: 2019年09月13日  1/1

ひとりの音(編集)

ぽつん・・・ 静寂の中で水道の蛇口から 水滴が落ちる音ぽつん・・・まだ寒い 春の雨が軒先から 落ちる音ぽつん・・・都会の片隅でひとりぼっちの音ぽつん・・・この身が闇の中へひとり 落ちて行く音ぽつん・・・誰にも 聞こえない私の涙が 落ちる音夜と朝の区別も つかなくなってひとりで過ごす ひとりの音は微かなのに この耳に 激しく響くぽつん・・ ぽつん・・・と繰り返し 繰り返し鼓膜を叩くひとりの音 だけで...

  • 0
  • 0