絹のげんきをただ祈る

 2019-07-25
絹よ 絹


きぬ遊んでます3・縮小版


いたずらしてもいい
トイレの砂を ばらまいてもいい

おねーしゃんの願いは ひとつ


お前の げんき

ただ それだけ

真白な雪のように眩しい
お前のその体に

たったひとすじでいい
黒や茶の色が入っていてくれたら

お前は 他の子と同じように
何の問題もない

健康な子 として育ったのに

お前は真白一色だった
だから私は「絹」と 名づけた

きぬ高橋さん撮影1・縮小版


当たり前のことが、私と絹にとっては
特別で 貴重なこと

弱いこの子は いつげんきが奪われるか
わからないと
知っているから


ただ ただ

絹のげんきが

私の救い





悲鳴のように

絹のげんきを 求めてやまぬ


きぬ携帯画像201ちぬお嬢様だぶるべつと2









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫