ARCHIVE: 2019年06月20日  1/1

不安中毒

不安の種を部屋中にばらまいて芽を吹かせて大きく伸びた枝葉に全身を絡めとられてはわざわざ 不安と戯れる自分の半身を失った 現実自分は影でしかなかった 現実は私にとって余りに 過酷過ぎてどうしても受け容れられなかったの不安中毒になることでしか自分の身を守れなかったの人間って悲しいの心に負った傷が深過ぎるとどんな形をとってでも傷に 触れないように触れないように何とかして自分の身を守ろうとする生きものなの...

  • 0
  • 0