ARCHIVE: 2018年10月21日  1/1

いのちがひとつ消えたのに

いのちが ひとつ消えたのに役所に死亡届けを出す「死亡届けでーす!」とやけに明るく窓口の女性が言う埋葬許可証を渡されて「これは絶対に失くさないでこれがないと火葬ができません」とか どうでもいことをやけに真剣に言われるその町の人口がひとり 減る284,678人だった町が284,677人になるたった たったそれだけのことなんだと痛感した あの日いのちが ひとつ消えたのにどんな 悲しみにも町はまるで頓着しないと痛感した...

  • 0
  • 0