ARCHIVE: 2018年05月23日  1/1

せめて想像力だけでも

苦しみの連続の中でいつも思う。想像力だけは失いたくないと。皆それぞれに悩みや心配を抱えて生きている。楽しそうに見えても内心の苦しみを抑えて生きてる人がいる。幸せそうに見えても不幸の只中にある人がいる。自分とは全く環境の違う人がいる。目には見えない苦しみの中で生きている自分は人々の目には見えない 悲しみや苦しみを理解はできなくてもせめて、せめて、想像できる自分でありたいと願う。五月の初夏の 抜けるよ...

  • 2
  • 0