archive: 2018年05月20日  1/1

胎児のような月

胎児のような 月 ひとつ両手に包んで優しく 愛でる母の罪と 自責と愛と亡き母は、若い頃、私を産む5年前に、妊娠したそうです。でも、腎臓を悪くしていて、この子を産んだら貴女の命が危ないと言われ泣く泣く堕胎したんだそうです。罪の意識から、私にもずっと「流産した」と言っていました。私が成人してから、流産ではなく、堕胎したのだと聞かされました。母は、何十年も罪の意識を持ち続けていました。「男の子だったのよ...

  •  4
  •  0