季節の隅で

春を喜ぶ フリをして家に帰って泣いている色とりどりの花たちも私の目にはモノトーン流れる季節の中にいても私の心は流れない春の夢さえ 見られずにただむごい現実が次々 私を責めて来るSOS わたしをたすけてSOS わたしをたすけてどうやら私は助けを呼ぶのが下手なようでただたすけて たすけてと子供のように 泣き叫ぶだけだから私のSOSは誰の耳にも響かないのかも知れないぽちで救われる私がいます↓にほんブログ...