ARCHIVE: 2017年02月01日  1/1

片目の天使・その20

絹片目の天使溢れるお前への思いはどんな言葉にも当てはまらない「愛してる」「愛おしい」「可愛い」そんな言葉たちだけでは到底 足りない感情が潮の満ち引きのように私の中で 息をしている絹片目の天使私はお前の前で海になりたい柔らかく 真白な毛色のお前の背から 尻尾まで海になって何度も何度も 寄せては返す 波のようにずっと そっと撫でていたい絹片目の天使私はお前の前で空の青になりたいお前が 凍えないように空...

  • 0
  • 0