それでも人でありたくて

 2016-08-31
不幸ばかり つづくと

だんだんに

人は 

人でなくなるのかも知れない





つないでくれる手も ないから

ひとりで

ひたすら空(くう)を

掴むしかなくて





何だか みんなが口にする

キボウとか シアワセとか

そんな言葉は 私にとって

外国語みたいだから

使えなくて





必ず 暗いうちに目覚めて

空が白んで来るのを

待つしかない時間は

もう

老婆になったかと思うほど

長くって





シアワセとかいうものを

持っている人たちが

羨ましくて

妬ましくて

そんな感情に

支配されていく自分は

人でなくなっていくようで

怖くって






それでも 必死で

人の国に 

しがみついているのは

たぶん まだ

人である自分を

失いたくないからで





生を 死を

そんな重たいことを

毎日考えなくてはいけない

自分であっても

何とか

人でありたくて




それでも

人でありたくて








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫