archive: 2016年03月17日  1/1

心のお葬式を済ませなさい

No image

私の母は、もう17年も前に亡くなった。それなのに私は未だに、朝、線香と水をあげながらも手を合わす気には、なれない。だって、おかしいんだもの。母はまだ私の中で、生々しく生きてるから。私は、3900グラムという大きな体で産まれた。へその緒が首に巻きついて、体中が紫色になっていたという。産声が上がらず、医師が逆さにして叩いたら、赤ん坊の「おぎゃあ!おぎゃあ!」という泣き声でなく「ええん・・・ええ・・ええ...

  •  2
  •  0