クリア過ぎる意識の中で

眠気があるのに 眠れない寒くて仕方がないのに体が火照って熱いそんな朦朧とした私の目の前で朝のミーティングの準備のためにみんながコーヒーを入れたりパソコンを立ち上げたりその光景はぽっかりと浮いた 島のように遠くに見える今日も何の実感もないままの朝眠いのに 眠れない寒いのに 熱い近いのに 遠いどっちかにしてよこれ以上 まだ私を狂わす気?いやいっそ狂いたいクリア過ぎる意識の中で暮らすことにもう疲れたのだ...