残酷な太陽

私の 明日はいつも曇りだ天気予報は いらないね太陽は 残酷だね誰もが「明日は晴れ」とは限らないのに光りを 容赦なくこの肌に 照りつけるだけ照りつけておいて素知らぬ顔で 自分勝手に沈んで行く行く先は厚い雲でいつも見えないからあてどもなく歩くしかない人が 自分の道を歩く意味も わからぬままで長い年月が雲を一層 厚くする私は どれだけ無意味な道を 歩いたのか無意味な道人生に無駄なことなんて何一つないと思...