鎖骨が恋しい

もう微かにしか見えなくなった自分の鎖骨が 恋しい夏の日の光はただ 無神経に照りつける虫垂炎の手術痕が 恋しいどこを走っているのか同じ天井が続いてる憧れのベッドごと移動に痛みも忘れた一度きりの 生まれて初めての 麻酔に私は 悦楽さえ感じた3秒も待たずに眠りに落ちたでも要らないんだ 体なんて心と身体は 繋がっているけれど私はときどきこの肉体を 捨て去りたくなる魂だけになればどれだけ楽になれるかとどんな...