幾つの悲しみを歩めば

春よ 春よとみんなが喜ぶその中で私は一体幾つの 悲しみの空の下を歩めば安らげるのだろう私は一体幾つの 苦しみの大地を踏めば安らげるのだろう答えは風に吹かれている なんて答えでは納得が出来なくて次々と襲って来る悲しみの空に苦しみの大地に堪えて 堪えてやっとのことで立っている生きると言うことはこんなにも 悲しみ苦しみの濁流に飲まれると言うことなのか答えは風に吹かれているなんてなんて 酷な風は気まぐれに...