時よ

 2015-02-20
時よ あなたは

なぜそんなに 急いで

走って行くの?

私は足がのろいから

あなたに 着いて行かれなくて

ひとり 呆然とするしかないの







時よ あなたは

なぜそんなに 残酷なの?

私の好きだった人たちのいのちを

次々と 奪うのね

そしてあなたは 

二度と後戻りはしないのね







時よ あなたは

なぜそんなに 冷淡なの?

慈悲も情もなく

ひとの人生を狂わせておきながら

平然と 通り過ぎて行くだけなのね






時よ 

あなたは 最初から 

信じられるものではなかったのね

あなたを信じてしまった

愚かな私






花舞う道を 歩けるだろうなんて

勝手に思ってしまったの

私は 闇の道を

歩くしかなかったのにね






でも時よ あなたのことを

気にかけないではいられないの

本当に

愚かな私






時よ

いつか あなたから

解放される日が来る

そのとき

やっと

私は 楽になれるの

楽に







残念ね

あなたから解放される日さえ

あなたに もらうしかないなんてね








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫