FC2ブログ

私が自然に帰ったら

 2014-07-20
いつか 私が死んだら

焼かれて

骨になって

あなたが 私の

骨を 拾う




晴れ女の 私だから

その日は きっと

陽射しが 眩しい

暖かな日だろう




私が 焼かれている間

あなたは きっと

煙の出ない 煙突を見て

私を 思ってくれるんだ

その一日だけは きっと





火葬が 終わると

火葬場のおじさんに

これが咽喉仏です

これが腕の骨です

と 説明されたあなたは

目の前の 白い骨を見て

これが本当に ナレイなのかと

元気だった頃の 私の姿と

白い骨とが まるで結びつかなくて

戸惑い

なぜ?と 

私を 思ってくれるんだ

その日一日だけは きっと



やがて

元気だった頃の 私を

あなたの前では 

よく笑っていた 私を

白い骨に

投影するようになるんだ





私は

小さな 骨壺に納まって

あなたの 胸に抱かれる

すべての苦しみから

解放されるんだ




世の 圧倒的多数の人に

私の人生は 忘れ去られるだろう

でも あなただけは

私の人生を

記憶に 留めていてくれるだろう





そして

生きている頃

私をずっと 見守ってくれたあなたを

今度は 

自然に帰った 私が

見守るだろう








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫