ARCHIVE: 2014年06月03日  1/1

悲しみは私を育てる

幾つもの 愛する対象を失ったまだまだ 悲しむことさえ死んだ事実さえ受け入れられない対象悲しんで悲しんでもう 帰っては来ないことの悔しさに 嗚咽してそれでも時を経て私の中に 生きつつある対象死の受け止め方は 様々だけれど悲しみは 私を育てる愛する対象たちの生き様、死に様は私に「生きる」ことを 教えてくれる うんこやおしっこや 鼻水まみれになりながらそれでも そのままの自分としてただ 在れば良いのだと...

  • 2
  • 0