ARCHIVE: 2014年05月25日  1/1

悲しみを綴る

No image

悲しみや苦しみを活字にするのは、良いことかも知れないね。私が去年ちち子を始め3匹の猫を、次々亡くしてからというものこの場に、どれだけその悲しみの深さを綴ったろう。私にはこの悲しみを聞いてくれる人もいないし、この場に吐くしかなかったんだよね。詩という表現に変えて、公開に支障のないようにして。悲しみを綴り始めた当初はもうただどうにもならないくらい悲しくてちち子が死んだことに納得が行かなくてあきらめがつ...

  • 0
  • 0