母の黄色い手

煙草とコーヒーが私の 感情私の 目の前に落ちた黄色い手が母の 思い出泣く代わりに煙草を 吸う怒る代わりにコーヒーを 飲む冷たくなった 黄色い手と 身体で旅立った 母ぎえーぎえーと 苦しんで旅立った 母何もしないで 見ていただけの医者とナース爆発しそうな 感情が病室中を駆け巡ったけれど呑み込んで私は一人で 立っていた私は一人で 立っていた15年も経つのに母の 黄色い手が忘れられない...