ARCHIVE: 2013年06月03日  1/1

悲しみを引き受けて

梅雨の日の雨のように何を見ても 涙が出るの胸がくっ・・・と痛み 知らぬ間に熱い涙の粒が 頬をつたう度私はとっても 嬉しいのだって 泣けないほうがどれだけ辛いか 知れないものまだ悲しめないの?私可哀相ね 私涙の雨で どんなに土砂降りになっても悲しみを 引き受けて歩いて行ける 自分になれたら少しは 楽になるのにね...

  • 0
  • 0