ARCHIVE: 2013年05月12日  1/1

いのちの灯りが消えるまで

恐ろしいほどゆっくりとした時間が 流れて行く幾つもの いのちを見送って来たけれどいのちが その生を終えて死を 迎えることはそう たやすいことじゃない我が家の老ネコも もういよいよ 死期が近いようやっと 歩いて水を飲むにも なかなか飲めないふああ・・・ ふああ・・・っとしきりに何かを 訴えるもう 元気なのは 3匹のうち 1匹だけだひとつ またひとつと 命の灯が 消えて行くのをひとりで 見守るしかない...

  • 2
  • 0