archive: 2013年03月  2/31

闇に耽る

ずーーーーーん・・・と疲れた 夜にはねずーーーーーん・・・と堕ちて 行きたくなるの桜満開 春爛漫 春の景色を 春の色香を春の感触を 遠ざけてひとりで 闇に 耽りたいあなたにそばに いて欲しいここから私が 何度あなたに助けて・・と 叫んだか、なんてあなたは 知りもしないでしょう助けは 来ない どこからもわかっているからせめて ひとりで闇に耽って 過ごしたい...

  •  1
  •  0