archive: 2013年02月16日  1/1

人生なんて仮の宿

私たちは、ただ生かされてる。その命の灯が消えるまで、ただ生かされるままに生きるのみ。幸せもない不幸もない生きる価値も意味も本当は、何も無い。だけど、それじゃあ誰も生きられないから「誰かのために生きる」とか「何かのために生きる」とか絆とか夢だとか、そう言う幻想を抱くことで何とか生きようとする。「何かの役に立ちたい」と思ってても役に立たないときは役に立たない。「世のため、ひとのために生きる」なんて思っ...

  •  2
  •  0