人間臭いセラピスト

 2012-12-20
おとといのセラピーのとき

私は当然、母のことを何年も、
幾度となく話して来ているのだが
既に亡くなっていることもあり、
写真なんか改めて見せたこともないので
私の言葉だけでは、今ひとつ、どんな母親なのか
ハッチの中では具体的なイメージが湧かないままでいたらしい。

そこで私は、ある男性役者と、
女優・沢口靖子を引き合いに出し
「内面は○○(男性役者)で、
見た目は沢口靖子の若い頃、みたいなカンジだね」
と、最近になってそう説明するようになった。

ハッチは
「ああ・・・・・○○って、オレ苦手だ・・あれキモいよなー」
と。

「でも○○はまださ、見た目がああだからまだ良いじゃん、
許せるじゃん」
と私。

ハッチも
「そうだよなーまだ可愛げあるよな」
と。

「あれで見た目が沢口靖子なんだよ。しかも若い頃のまま。
キツくない?」

「おお、沢口靖子、オレ今だってキレイだなーと思うもん」
てな具合に。

そんなやり取りをしているうちに
やっとハッチには、母の具体的なイメージが掴めて来たようで

こないだ言ってた。

オレ、今になってやっと、ナレイさんのお母さんが
どんなお母さんだったのか、よくわかったよ・・・。
やっとピンと来た。
ナレイさんが今まで何度もお母さんの話してくれてたのに、
オレ、ずっとそのしんどさ、
わかってあげられてなかったんだなあ・・って。
オレは自分の鈍感さに呆れるよ・・・。
ずっとわかってあげらんなくて、ごめんね・・・・。

みたいなことを、しみじみと。

「わかってくれただけでも嬉しいから良いよ」
と、私は言った。

「私はセラピストでございますから!
クライアントのことは何でもわかっております!」
みたいな態度が一切!ないハッチの良い所なんだよね、ああ言う所が。

人間らしくて、
わからないことはわからないと言う。
あんな素直に謝ったりする。

人間対人間 として常に関わってくれるハッチだから
私は彼を好きだし、心から信頼出来るんだと
改めて思った。

そんなわかんないよね、死んだ人のことなんて、
いくら説明されたってさ。
生身だもん、セラピストだって。

でもハッチは、長年ああ言う母親の元で
しんどい思いをして来た私のことが
わかってなかった自分を痛感しているようだった。

その気持ちだけで、十分よ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫