明日のメシを考えたくない

明日のメシのことを考えるだけで、神経が磨り減る。出来ることなら広い空の青をただ満喫し、深い海の青をただ堪能してみたい。心の底からリラックスして、信頼出来る、誰かと一緒に。何も考えずに。私に、そんな日が訪れるのだろうか。もう自信がない。明日のメシのことは考えたくない。何だかとっても疲れてしまって・・・。目の前に広がっているのは空でも海でもなく、通帳や書類や封筒や印鑑やハンコや、雑巾やゴミ箱やそんな、...