素人診断

 2012-09-30
社会不安障害とかの神経症とパーソナリティ障害は
切っても切れない関係にある。
勿論単なる神経症だけ と言う人もいるけどね、
神経症の背後に、パーソナリティ上の問題を抱えてる人は実に多い。
以前にも書いた通り。
今どきは特に多くなってるんだろうね。

このパーソナリティ障害だけど
A群人格障害
・妄想性人格障害
・分裂病質人格障害
・分裂病型人格障害
B群人格障害
・反社会性人格障害
・自己愛性人格障害
・境界性人格障害
・演技性人格障害
C群人格障害
・回避性人格障害
・依存性人格障害
・強迫性人格障害
特定不能の人格障害
(DSM-Ⅳ精神疾患の分類と診断の手引き より抜粋)

パーソナリティ障害だけでもこれだけ細かく分けてるの。
つまり、こんな当てはめは無意味だと私は思ってる。
特定不能の○○障害と言ってしまえば
皆どこかしらに該当するんじゃないかしら?とすら思えるし。

ちなみに私は自己愛人格だけど、
「おナルなのね?」とか、「絶えず他人からの賞賛を求めるのね?」とか
「自分を特別だと思ってるのね?」なんて単純な決めつけをして
単なるレッテル貼りをして欲しくもない。
ひと口に自己愛人格と言っても様々なのだから。

そして、こう言うのを読んで、何の知識も持たぬまま、
単に「自分は○○障害だ」と決めつけることは、全く的を外してることもある。
精神科医にだって診断が難しいんだから。
DSM-Ⅳは、
精神科医のために作られた診断専用のマニュアルに過ぎない。

もうDSM-5になってる頃かしら?
DSM-5ではもっと細かく分類されてるらしい・・・。
もう国民全員どっかにヒットするよな・・・みたいにね。

更に残念なことに、
DSMには人格障害の深い意味なんて書かれてはいない、
箇条書きで患者を診断するだけ・・・。

そんな細かいだけで意味のないマニュアルに、
素人が手を出すことは避けたほうが良いと思うよ。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫