どう死ぬか

 2011-11-19
どう生きるかより、
どう死ぬか をよく考えるようになった最近。

何故、生きなくてはならないのか。

どんなに辛くても
苦しくても
生きなくてはならないのか、
いくら考えても
答えは出ないから。

自分と家族さえ良ければ良い 現代の人、
意味のない点字ブロック、
どこへ行っても、同じように見事に整備された街、

どれを見ても、窒息しそうになりながら、
カラスが食い散らかしたあとのゴミを掃除している・・・。

ゴミの出し方もいい加減にしておいて
カラスはイヤだと言う。

いつの世も、人間は勝手だ・・・・・。

占い師はいつでも
来年は明るいと、
同じことばかり言っている。

私はきっと、苦しむために生れて来たのだと思う。
なのに、私の目は、まだ光っている。
どうして?
目に輝きを失ってはいない。
何故?
残念だけれど、もうすぐ死ぬ人間の目ではない。

それでも
ひとは、死に向かって生きている。
今日もまた、一日、死に近づいている。
はだか木
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫