13回忌ー葬儀

葬儀 なんて、そんなご大層なものをやる気はなかった。母は生前から、自分が死んでも「何もしなくて良い」と言っており何百万もかけて葬式を出すような金もない。母の友達や私の友達、せいぜい母が、幼い頃から成人するまで可愛がっていた生徒(彼女は英語塾講師だった)数名で、ささやかに、お別れ会をすれば良い、そう思っていた。ところが、残された人たちの気が、それで済む訳はなかったことを、私は、このときに初めて知った...