孤独でいられると言うこと

どんなに寂しくても、寂しいときは寂しさを、思い切り味わえるように悲しいときは悲しさを、思い切り味わえるようにどん底まで寂しさや悲しさを味わって失ったものの大きさから目をそらさず、受け入れられたとき寂しさや悲しさは少しずつ癒えて、やがては、どん底だった自分が、少しずつ浮かんで来る。浮かんだときはきっと、心地の良い気分になれるのだろう。それが孤独でいられるとき。結婚してるとかしてないとか、実際に周りに...