archive: 2011年08月15日  1/1

終戦の日

No image

66年前の今日、終戦か・・・。亡き母の話しが思い起こされる。彼女はまだ12才だったけど、天皇が神だとも何とも思っていなかったんだと。むじろ当時は「敵国語」である英語が好きで、英語で仕事がしたい・・・!と思っていた、努力家の文学少女。そしてそれを実現させちゃった人。そんな母が、玉音放送を聞いたときよくこの時期にあるドラマでお馴染みのあのシーン。蓄音機の前に皆で正座して、雑音だらけの天皇の言葉。「本当にこ...

  •  2
  •  0