色を重ねるように

 2011-05-21
私はもう夢見る少女じゃない。

真っ白なキャンバスに
自分で好きな色を選んで
自由に自分を染めていく時代は

とうに過ぎ去った。

いろんな色に染まって
随分と、うす汚れた。

でも、知ってる?

油絵の良さはね、

どんな色に染まってても
乾けばまた、いくらでも

そこに新たな色を重ねられることなんだ。

むしろいろんな色を重ねれば重ねたほど
いい絵になるんだよ。

辛いことも、苦しいことも、
私の色 なんだよね。

そして今までの色が乾いたら、
先ずはこの色を

重ねてあげたい。

そして残された時間には、

温かい色、優しい色を
重ねて行きたいなあ。

110515_1746~01


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫