CATEGORY: 震災に思う  2/4

放射能の光と影

No image

何にでも、光と影がある。人間の心にも、科学にも。人間の影の部分は、出来れば皆見たくない と思う。影は自分の負の面、暗部なので見るのは痛い。それでも見ていくのが私の治療であり、PSWの役割りかも知れない。科学にも、もしかして似たようなことが言えるんじゃないしら。放射能を開発し、電力として、放射線医療として開発して来たのは我々人間。そのお陰でCT、MRI という名の放射線を大喜びで、金を支払って受けて...

  • 2
  • 0

震災の影で

No image

もういいかな、時期的に、言ってもね。ま、大して読む人もいないだろうし。あの震災後、まだ間もない頃の都内ではご存知の通り、あちこちのスーパーで買占め、ガソリンスタンドには車が殺到してた。そんな中、一人暮らしの私は日頃大してやりもしないのにガラン・・・とした店内でなんて贅沢なんだ・・・と思いながら、主婦の方々が見向きもしなくなった野菜や魚を買って調理して食べ、慌しく動き回るガソリンスタンドの店員に配達...

  • 0
  • 0

5分間のシンクロ

ダイエット、美肌、、血管年齢脳年齢肌年齢・・・・・長年の健康病 ブームに今度はエコ節電省エネ ブームが加わっただけの 騒音としか私にはもう聞こえない。震災が起きても起きなくても成熟した社会は、こうなるしかないのだろうけどね・・・。全てが 商品 として 消費されるだけ と言う・・。震災が起きて、初めての夏が来るので単に、ブーム が増えたのね・・・・。「予測不能の大規模停電」なんて、きっと起きないんだ...

  • 2
  • 0

存在の深さ

No image

震災後、まだ間もないからテレビやネット、あちこちで復興支援の輪が盛んに広がっている。しかしこれが50年、100年経ったときどうなるのか・・なんて考えてみたりする。大正12年・関東大震災のときは、今ほど情報はなかったがこれも大規模な地震で、正座したまま縦に1メートルくらいバンバン体が跳ねたんだよ!ナレイちゃん!こうやって!と、体当たり演技?と共に^^昭和の当時健在だった祖母が、何度も語ってくれたこと...

  • 0
  • 0

矛盾

これだけ成熟した社会に起きた大震災。さんざん電力に頼って来たものを何とかしてこれまでの欲を満たし続けながら節電しようとあらゆる企業が自社の利益のため国民の欲求にどこまでも応えようとするものだから、私の頭痛が酷くなるような気がしている。私自身は、節電商品には1円も使っていないのだから、スルーすればいいだけのことかも知れない。けど、イヤでも耳に入る。エコエコ節電・・・。グルメ番組を流しながらダイエット...

  • 0
  • 0